症状別コラム

  1. HOME
  2. 症状別コラム
  3. 猫背はなぜ治した方が良いのか

猫背はなぜ治した方が良いのか

猫背とはどんな姿勢か

まずは、猫背を詳しく説明していきます。

猫背ってつまり、背中が丸まっていること?

うつむいていること?

……どれも当てはまりますが、重要なポイントは顎が前に突き出ていることです。

背中を丸めたままPCの画面を見ると、自然に顎が前に出てきますよね。

こういった猫背を「スマホ猫背」「IT猫背」などと言うそうですが……今の現代人は自然と猫背になってしまう環境にいるのです。

 

 

では、猫背がなぜいけないのか?

猫背はいわゆる「悪い姿勢」なのはご存知の通り。

しかし、どこにどう影響するのかまで考えている人は少ないのではないでしょうか?

猫背が生む恐ろしい影響をご紹介します。

・肥満

 

猫背の人は太りやすいと言われています。本来使うはずの腹筋や背筋を使わないので代謝が悪くなり、脂肪がついてしまうのです。

また、楽だからといって体のどこかに体重をかけすぎると、骨盤が歪み、内臓の位置が下がってお腹が出てしまう原因になります。

・老けて見える

猫背の人は、なんと実年齢より5歳ほど上に見られてしまうことが多いんです! 「疲れている」「だらしない」「暗い」

……このようなイメージがそう見せてしまっているんです。

ちなみに、特に女性に顕著な印象だそうです。

・肌荒れ

一見無関係なお肌ですが、実は悪影響を及ぼしています。

背中が丸くなると内臓が圧迫され、負担をかけている状態になります。

そうして内臓疾患や便秘を引き起こし、老廃物が体内にたまり、肌荒れの原因になってしまうのです。

・むくみ、たるみ

姿勢が悪くなると血液やリンパの流れが悪くなり、むくみの原因になります。

しかも、顔の筋肉(=表情筋)というものは実は背中の筋肉が引っ張りあげているものなので、背中の筋肉が衰えると顔のたるみにも繋がります。

「最近、むくみやたるみが目立つようになったな……」という人は、年をとったからと諦める前に姿勢を見直してみてはいかがでしょう。

・肩こり

 

人間の頭の重さは約5~6kgです。意外と重いですよね? 

体は常にそのくらいの重さのものを支えているわけですから、支える角度が違えばその負担は何倍にもなってしまいます。

前かがみになればなるほど肩甲骨も前に出て(「巻き込み肩」といいます)、肩甲骨と肩甲骨の間の筋肉が引っ張られ、その張りが「こり」として表れてくるわけです。

・腰痛

猫背になると上半身の重心がズレるので、腰の関節に負担がかかって腰痛にもなりやすいんです。

また、上記のように腹筋や背筋を使わない状態だと筋肉は衰えますから、いざ重いものを持とうとしたときなどに腰痛になってしまう可能性が高まります。

・頭痛

首回りには重要な神経がたくさん通っています。

猫背になってその神経たちが圧迫されると、慢性的な頭痛の原因になってしまいます。

頭痛のほかにも、耳鳴りやかすみ目、イライラ、ストレスを感じるetc……様々な不調が引き起こされるのです。

そのストレスが間接的に太る原因になっていたりと、知らないうちに負のスパイラルが発生しているかもしれませんよ。

ざっと説明しただけでもいくつかデメリットがあったと思います。

猫背というだけでこれだけのリスクがあります。

よく覚えておいてください!!

川越中央整骨院

川越市の交通事故外来専門 整骨院

川越中央整骨院 電話番号 049-226-3912
【住 所】
埼玉県川越市六軒町1-14-2
【アクセス】
川越市駅より 徒歩5分
本川越駅より 徒歩7分
ご予約 お問い合わせ
【診療時間】
川越中央整骨院 営業時間

※ 祝日は8:30~16:00まで営業

休診日:日曜日