症状別コラム

  1. HOME
  2. 症状別コラム
  3. 頸椎症

頸椎症

大まかに言うと首にある神経の管が狭くなる病気です。

それにより手足のマヒやしびれなどさまざまな症状を起こすことがあります。

・原因

椎間板は加齢などによって弾力性が低くなったり亀裂が入ったりします。その際神経を圧迫してしまったりします。

また、くびの骨は背中や腰に比べ動きが大きい為、変形する可能性が高くなります。

進行は割合ゆるやかではありますが、転倒やケガなどがきっかけとなっ重い神経症状が出てしまう場合もあります。

・自覚症状

首の痛みや肩こり、手足のしびれ、脱力などがその自覚症状としてあげられます。

手先の細かい作業が思うようにできなくなる場合もあります。これらは多くの場合、片側に現れます。

また、足を前に出しにくい、速く歩けないなど、歩行が不自由になることもあり、排泄の機能が十分に働かなくなってしまうこともあります。
これらの症状は多くの場合両側に現れます。

 

当院の治療としてはマッサージ等による局所的な痛みや神経痛の軽減及び改善、牽引や温熱療法などによる椎間板や首の筋肉の緊張緩和を図っていきます。

また、リハビリテーションでは不良姿勢の改善を図ることで変形性頚椎症の進行を防ぎます。

不良姿勢は首だけの問題で生じることはなく、腰や骨盤に関しても修正が必要となります。

そして、硬くなってしまった首周りの筋肉に対するストレッチや、弱くなってしまった筋肉に対する筋力トレーニングなどを行います。

首は下手に動かすと症状が余計に悪化してしまうこともありますので、自分で無理に動かそうとすると大変危険です。

そのため、専門家にきちんと首の状態を評価してもらうことが大切です。

川越中央整骨院

川越市の交通事故外来専門 整骨院

川越中央整骨院 電話番号 049-226-3912
【住 所】
埼玉県川越市六軒町1-14-2
【アクセス】
川越市駅より 徒歩5分
本川越駅より 徒歩7分
ご予約 お問い合わせ
【診療時間】
川越中央整骨院 営業時間

※ 祝日は8:30~16:00まで営業

休診日:日曜日