症状別コラム

  1. HOME
  2. 症状別コラム
  3. 急性腰痛症【ぎっくり腰】

急性腰痛症【ぎっくり腰】

顔を洗おうとして体を曲げた、靴下を履こうとしてうつむいた、中腰で荷物を持ち上げた、 あるいは、何気なく振り返ったなどのちょっとした動作がきっかけで生じます。

20歳以下で見られることはほとんどありません。 椎間板や関節などに加齢現象が始まってくる30歳以降の方や、 過去に急性腰痛を経験された方は注意が必要です。

ほとんど一ヶ月以内に軽快消失してしまいますが、 急性腰痛を繰り返していると椎間板ヘルニアを合併したり慢性腰痛へ移行することがあり、 正しい対処の仕方が大切です。

2~3日の安静で効果がない場合や、 身体を動かさないのに腰痛がある、安静にしていても余計にひどくなっていくときなどは、 他の疾患も考える必要があります。

下肢に痛みやしびれがある、感覚障害がみられる、力が入らない場合。 また、排尿障害などを伴っている場合などは 椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、腫瘍なども考えられます。 高齢の方で、骨粗鬆症の強い方などは圧迫骨折なども疑う必要があります。

川越中央整骨院

川越市の交通事故外来専門 整骨院

川越中央整骨院 電話番号 049-226-3912
【住 所】
埼玉県川越市六軒町1-14-2
【アクセス】
川越市駅より 徒歩5分
本川越駅より 徒歩7分
ご予約 お問い合わせ
【診療時間】
川越中央整骨院 営業時間

※ 祝日は8:30~16:00まで営業

休診日:日曜日