症状別コラム

  1. HOME
  2. 症状別コラム
  3. 保険会社の担当者と交渉する場合    川越市六軒町にある交通事故専門外来 川越中央鍼灸整骨院

保険会社の担当者と交渉する場合    川越市六軒町にある交通事故専門外来 川越中央鍼灸整骨院

 

保険会社の担当者と交渉する場合

 

 

どのような場合に保険会社の担当者示談交渉をするのか

 

加害者が任意保険に加入していて、

その保険に示談代行サービスがついている場合

(例えばSAPなど)には、

保険会社の担当者が被害者と示談交渉にあたります。

 

 

保険会社の担当者と示談交渉する場合の注意事項

 

保険会社の担当者は、

交通事故の損害賠償問題について知識や経験もあります。

そのようないわば示談のプロと交渉するためには、

賠償金を請求しようとする被害者自身がいくらくらい

請求できるかということをあらかじめ勉強しておく必要があります。

また、交通事故の損害賠償額の算定基準には、自賠責保険の基準、

各任意保険会社の内部規定として存在すると思われる基準

(以下各任意保険会社の基準といいます)

財団法人日弁連交通事故相談センターの交通事故損害額算定基準

という出版物による基準(日弁連基準)などがあります。

日弁連基準は、

交通事故の損害賠償に関する裁判例を集積したものです。

一般に、損害賠償額は、

日弁連基準による場合が他と比べて最も高く算定されています。

保険会社の担当者が最初に提示してくる金額は

自賠責保険の基準であったり、

各任意保険会社の基準であったりします。

一度、日弁連基準で計算してみることも大切です。

そのうえで、

保険会社の担当者と交渉をするというのも一つの方法です。

実際の交渉場面では、冷静に対応することを心がけてください。

冷静に対応するとは、損害賠償の金額について、

その算定が正しい資料や根拠に基づいて正当になされているかを

吟味しつつ交渉することをいいます。

保険会社は、損害賠償の請求金額に正当性があれば

賠償金を支払わなければならない立場にあるのですから、

保険会社の担当者に対しても、

保険会社の提示した金額がなぜ正当でないのか、

また、被害者自身が提示する金額がなぜ正当なのかを

資料や根拠をもって示すことが最も効果的な方法なのです。

また、自分ではどうしても上手に交渉が出来ない場合や

交渉自体が負担に思える場合は、各種相談機関を利用したり、

弁護士に依頼するのも一つの方法です。

 

 

 

 

 

 

当院ではむち打ちの
治療には

痛みに強いマグスティムと
リハビリ技術であるMPF療法で


 

早く痛みが取れて
かつ後遺症が残らないような施術を行っています

痛みが出る前に早めにご相談くださいませ

小江戸川越で愛され17年
交通事故専門整骨院
川越中央整骨院

 

 

川越中央整骨院

川越市の交通事故外来専門 整骨院

川越中央整骨院 電話番号 049-226-3912
【住 所】
埼玉県川越市六軒町1-14-2
【アクセス】
川越市駅より 徒歩5分
本川越駅より 徒歩7分
ご予約 お問い合わせ
【診療時間】
川越中央整骨院 営業時間

※ 祝日は8:30~16:00まで営業

休診日:日曜日